スポンサード リンク

多汗症について

多汗症自体が遺伝するということはありません。しかし、多汗症の原因となる主な理由にストレスや緊張などの精神的なものが関わっているといわれていますので、性格が大きく関係していると言ってもいいと思います。この性格が遺伝すると言うことはあるので結果的に多汗症も引き継いでしまうことになっているのかもしれません。
こう書いてしまうと性格が几帳面だから神経質だから多汗症になってしまうのか不安だと感じる方もいると思いますが、多汗症の原因は精神面からくるものだけではないので必ずしも多汗症になるとは限りませんので安心してください。

多汗症対策のためにはどうすればいいのか自分なりに考えたときに水分を摂取しすぎなければいいんだと思う人がいるかもしれませんが、これは間違いです。
水分を少なく摂取したから汗が出なくなるわけではありませんし、水分を多く摂取したから汗が余計でるようになるわけではありません。人間には水分が必要です。ですから水分を摂取しないというやり方はおすすめできませんし、水分が汗として分泌されると言っても水分量と比例しているわけではありません。過剰に摂取した水分は尿として分泌されるようになります。
ですから水分摂取量と多汗症の汗の量とは関係がないと考えてもいいと思います。

多汗症対策として水分量を調節するというのはあまり意味がないことだと思います。ましてや精神的なことが多汗症の原因だとしたら余計に水分量とは関係がないと言うことになりますので注意するようにしましょう。

多汗症対策には手術は有効か?

多汗症の対策にはさまざまな治療方法や手術方法があります。
しかし、どの方法をとっても万人に効く方法と言うのは無いと思います。それは多汗症における症状や原因と言うのは個人差があるためだからです。

それを有効的に選択するためには自分の多汗症の原因がなんであるか探ることが必要になってくると思います。ストレスや緊張からくる精神的な発汗なのか、病気が原因でくる発汗なのか、食生活などからくる発汗なのか、原因はさまざまあると思います。

また、手術をすると完治するんだという安心感を持つ人もいますが、手術を持ってしても除去したエクリン腺が残ってしまったり再生してしまったりする可能性もあるために完全に完治するとは言い難くなります。それに手術による副作用も無いとは言い切れないためにその点は理解してもらわなければなりません。

どんな対策方法を選ぶにしても自分がどこまでの効果を得たいのかで治療法が変わってくると思いますので、焦らずじっくり選ぶようにしましょう。

手術についてですが、多汗症は命に関わる病気ではないために簡単に誰でも受けられると思われますが、手術なのですから当然受けられないケースもあります。
手術が受けられないケースとしては、妊娠中の方、糖尿病、血友病、高血圧、手術を受けなくても治療できる人などが挙げられると思います。
もちろんこの限りではありませんし、手術の種類によっては変わってくる可能性もありますが、事前に確認をしたうえで手術を受けるようにしましょう。

多汗症対策の治療方法について

多汗症対策には病院での治療が必要な場合があります。
多汗症の原因にはさまざまなことが考えられますが、ストレスや不安・緊張などからくる精神的なことが原因の場合が多いようです。その場合、心身治療が有効の場合があります。この方法は全ての症状について有効であるとは限りませんが、症状が軽減されることもあるようです。

また、汗をかくことに対しての恐怖感や緊張感などを感じてしまって余計に汗をかいてしまう人もいるでしょうがそういった人こそ心身治療が効果的なのではないかと思います。

心身治療の方法ですが、主にカウンセリングを行っていき、汗に対する恐怖感や緊張感を徐々に取り除いていき、交換神経や副交感神経と言うような自律神経のバランスを整えると言うやり方を行うようです。

また、汗に対する恐怖感や不安感を抑えるために精神安定剤が処方されるなど薬物による治療方法と言うものもあります。
この方法では直接汗を止める効果はありませんが、緊張を和らげることができます。緊張を和らげてリラックスさせることで汗を抑制することができるかもしれません。

しかし、直接汗を抑制する効果がある薬があります。それを使うことにより汗をかくときに交感神経から出ている物質を止めることができます。
この薬を使うと、手のひらや足の裏のような部分的な汗だけでなく、全身に作用するようになります。ですから副作用が出てくる可能性がありますので医師の診断を受けてから服用することをお勧めします。

自律訓練法による多汗症対策

多汗症を予防・改善する為の対策法として自律訓練法というものがあります。

発汗を作用しているものは、自律神経の働きによってですのでその働きを整えることによって過度の緊張をほぐし、リラックスした状態に持って行き、発汗を軽減させるという方法が自律神経訓練法ということになります。

この方法はドイツの精神科医であるシュルツという人が開発したリラクセーション法を元にしているもので意図的にリラックス状態を作り出し、精神面へ効果をもたらせるという効果を期待するものになります。

一石二鳥では無理ですが、毎日2〜3回訓練することによって効果が出てくるものだそうです。この方法はよくスポーツ選手も使っている方法のようです。

交感神経が活発化すると発汗量が増え、副交感神経が活発化すると(主に睡眠中など)、精神性発汗が抑制されるようです。このことを踏まえて体を意図的にリラックス状態に持っていけるようにして副交感神経を活発化させ、発汗量を抑えるようにするのが自律神経訓練法になります。

効果の程は多汗症の状態にもよりますが、多汗症の種類が精神性発汗のように汗をかくことにたいして意識が行くたびに汗の量が増える場合など、リラックスさせる場合などに効果があるようです。またこの方法は多汗症対策だけでなく、体をリラックスさせるためのリラックス法としても利用できる方法です。

また、この訓練と同時進行で薬物療法を行うことによって、より多汗症対策が効果的に進めることができるのではないかと思います。

音楽療法による多汗症対策

多汗症の対策を考えている人にとって、治療法や対策法とは気になるものだと思います。治療の一つとして音楽療法があるのはご存知でしょうか?

音楽療法というのは、投薬と音楽で治療する方法で抗不安薬というものを一日15mg位投薬し、2週に1〜2回のペースで音楽を聴いて多汗症の治療をするというものです。1回に聞く音楽の時間は30分ほどで、その前後で気分を落ち着かせるために10分間ほど安静にするということが必要になります。
その治療の経過を、発刊量、脈拍数、血圧など計測して本人に見せて確認させることによりこれほど効果があるんだよという認識を持たせることも行っているようです。

音楽療法で多汗症対策する人の中では小さいときから緊張したり、異性と話をしたりするときだったり何か嫌なことがあったりするときに手のひらに汗をかいてしまったり、足の裏や脇、顔、頭部などに汗をかいてしまって困っている状況にあり、薬物療法や心療療法など他の治療法をしても効果が無かった人がやってみると効果がでる場合もあるそうです。

音楽療法をやってみて、実際に発汗量などが抑えられた場合、音楽によって抑えられたという事実が本人に認識され、汗の量を自分でコントロールできるんだという状態まで持っていくことが可能になります。それによりだいぶ多汗症の症状が改善されていくものだと思います。

音楽療法で多汗症対策というものも実際にやってみてはいかがでしょうか。

セルフケアで多汗症対策

多汗症対策と言うと皮膚科や心療内科のように病院などに行かないとダメなのかなという印象がありますが、自分でセルフケアをすることで病院にも行かず、手軽に対策をすることができます。

どういう方法があるかと言うと、多汗症の主な原因として精神的な発汗が挙げられます。つまりストレスや過度の緊張や不安から引き起こしてしまうのです。
このストレスを軽減させることが多汗症の改善にも繋がることが多いです。
そこで自分なりのストレス発散方法を見つけるようにしましょう。それが改善に繋がって行くと思います。

次のセルフケアの方法としては食事の改善があります。
物を食べると言うことは毎日行うことですのでやり方次第で改善にも悪化にも繋がってくるほどとても重要なことです。
まずは脂分、糖分、香辛料が強いもの、お菓子など多汗症を悪化させるような食べ物を控えるようにしましょう。こういう食べ物類は汗腺を刺激します。刺激されるとサラサラとした汗ではなくネバネバした汗がでるようになります。このネバネバした汗が臭いのもとになりやすくなってしまうのです。
食事も抑制するだけではなく、ビタミンAやEが多く含まれている食べ物を摂取することで臭いを抑制する効果が得られるということなので積極的に取り入れるようにしましょう。

あとは制汗剤を使用することですが、これは一時的な対策としては有効ですが、改善には繋がりませんので用途に合わせて使用するなど注意するようにしましょう。

入浴の仕方で多汗症対策は変わる!

多汗症で悩んでいる人の中には体臭やワキガなど臭いにも悩んでいる人が多いと思います。
多汗症の人に限らず汗をかいたらハンカチやタオル、汗拭きシートなどで拭き取るようにし、清潔に保ち、臭いを出さないようにすることが大切です。
制汗剤も汗を抑制することはできても完全には止めることはできません。しかし多汗症対策としては有効的ですのでぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

汗の臭いが臭い人は運動をあまりしなく、エアコンなど体温調節が必要ない環境に慣れていて、入浴もシャワーのみという人に多く見られるようです。

多汗症対策として有効な入浴の仕方は湯船につかって汗をかくという方法だそうです。
高温手足浴(足は膝下、手はひじ下をお湯につける)、半身浴、全身浴をして汗をかくようにするとサラサラとした汗をかきます。こういった汗は臭いがありませんので良い汗と言うことになり、多汗症対策に繋がっていきます。
こういった入浴法を繰り返すことにより体の抵抗力もつくし、汗腺機能も改善されていきます。また、リラックスすることにより交換神経と副交換神経のバランスが整えられ自律神経の働きを改善することができます。これで多汗症対策に繋がることになります。

ただし、体質的な事が多汗症の原因だとすると効果は低いかもしれませんので別の対策が必要になると思います。

よい汗をかく事が多汗症対策に繋がるということなので、よい入浴方法をぜひ実行してみてはいかがでしょうか。

多汗症対策の為の治療法

多汗症対策の為の治療法として、インフォレーゼという治療法があります。これは多汗症やワキガの治療法として有効です。この治療方法はワキガの治療の為に開発されたもので、病院ではなく通常エステで行われる治療方法です。

このインフォレーゼの治療では電気を流しますが、電極にホルマリン溶液を浸したガーゼを巻きつけて脇にあて、アポクリン汗腺の分泌口を破壊します。これにより汗の分泌量が少なくなるのでワキガの治療にもなるし、多汗症の改善にも繋がってきます。

これだけ聞くと簡単に治療ができるので画期的だと思う人も多いでしょうが、1〜2週間位しか効果が持続しないため、継続的な治療が必要になることが最大の欠点だということになります。

しかし、利点ももちろんあります。短期間ですがワキガの症状を軽減させることができますし、消臭効果も期待できます。多汗症も多少改善されると思います。また、皮膚に対するダメージも少ないということも利点として挙げられます。

また、ワキガの原因になっている細菌の繁殖を防ぐ方法としては脇毛の脱毛でもいいと思います。これはアポクリン汗腺を完全には破壊していないために症状を軽減させることしかできないのですが、精神的にも余裕が出てくることがありますので多汗症の対策にはなると思います。

こういう治療方法も多汗症対策のひとつとして候補に入れてみてはいかがでしょうか?多汗症やワキガが軽減されることで精神的にも余裕ができ、きっと改善されていくことだと思いますよ。

多汗症対策で副交感神経に着目

多汗症の原因のひとつとして副交感神経の緊張度合いが過剰になることが挙げられると思います。

例えばですが手足が冷たい人がいますが、これは手足の血管が収縮することで起こると言われています。ですから多汗症が原因となっている可能性も否定できません。
多汗症の人に限らず、夏など外気が暑くなったり、梅雨時期など湿度が高くなったりすれば汗をかきます。
しかし、多汗症の人は上記の時はもちろん、他の時期でも汗をかいてしまう状況になってしまいます。通常より汗の量や頻度が増えてしまうと悩みの種になってしまうと思います。

いろんな理由で体温が上がったとき、体温調節をするために汗をかいて体温を下げようとする力が働きます。ここで汗をかかないと体温が上がってしまって病気の原因となってしまう可能性があります。

多汗症が原因でこのような時は汗の量が増えたり、寒いのに汗をかいてしまって余計体温をさげる原因となってしまったりする可能性があります。多汗症は季節を問わず汗をかきますので悩んでいる方が多いと思います。

また、汗をかくと臭いなども気になってくると思いますので、更に多汗症の悩みは増えると思います。

ここで着目したいのが副交感神経です。ストレスや緊張、不安感といったことが原因となり交換神経が活発化してしまうことで汗をかいてしまうので、交換神経と副交感神経のバランスを整えるようにして、リラックスするよう心がけ汗を抑制することが可能になると思います。

交感神経遮断手術で多汗症対策

多汗症対策のひとつとして手術をするという方法があります。これは多汗症による局所的な発汗を抑制する効果があります。

しかし、手術と言うと皆さん大事のように感じてしまい、大変なことになったと思う人もいるかもしれません。この交感神経遮断手術が日本で認められたのは極最近のことなので歴史的には浅いですが、技術の進歩は目覚ましものがあり、今では日帰りで手術ができるくらいにまで進歩しています。

どういう手術をするかと言うとわきの下下を2ミリほど切開し、そこにある交感神経を遮断します。手術痕を縫合する必要もないので簡単に手術を終わらせることができます。
またこの傷も1ヶ月ほどで分からない位にまで回復するので心配する必要はないと思います。

多汗症の人が抱えている悩みと言うのは周りの人が考えている以上に深刻なものです。悩みすぎて外に出るのも嫌になってしまう可能性があります。ですからこういう多汗症の人にとってこの手術は本当に嬉しい情報なのではないでしょうか。

多汗症は認知度が低いために周りにはなかなか分かってもらえなかったり、本人も多汗症だとは気づかなかったりするので分かりにくい病気だと思います。
多汗症も汗をかくとタオルが必要なこともあるようです。それも暑くもないのに汗をかいてしまうのです。まず、自分の汗の症状などを客観的に見てみて、何かおかしいと感じたら病院に行ってみるなど、早めの対策ができるよう心がけましょう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。