スポンサード リンク

多汗症とは

多汗症とはエクリン腺と言う人間の汗腺の中にある腺から通常以上の汗をだしてしまう症状、病気、体質のことを指しています。

多汗症には全身から汗をかいてしまう全身性多汗症と、顔、頭部、手のひら、脇のように局所的に汗をかいてしまう局所性多汗症があります。

しかし、多汗症と一言で言ってみても、人間は誰しも汗をかきますので、今自分が出している汗が正常な汗なのか多汗症の汗なのか見極めることは普通、困難ではないかと思います。

どういう状態の人が多汗症かと言うとそれも個人差があるのでなんとも言えないのですが、手のひらを例にあげてみても、ちょっと汗ばむ程度からしたたり落ちるくらいに汗をかくまでさまざまだと思います。
症状と言うよりは原因に多汗症かどうかの鍵があるのではないかと思います。

また、主に多汗症の人が汗をかく場所は顔全体、頭部、手のひら、足の裏、脇などが挙げられます。
多汗症の原因にはストレスや不安、緊張などの精神的なもの、食生活、遺伝、肥満、病気、ホルモンバランスの偏りなどが挙げられます。

症状としては暑くもないのに汗をかいてしまう、目上の人と握手をするときに汗をかいてしまう、本を読んでいると触っているページが濡れてしまう。などが挙げられます。

多汗症と言うのはあまり知られていなく、他人からしてみればただの汗っかきにしか見えず、本人はかなり悩んでいるというケースが多いと思います。

多汗症をよく理解し、適正な対策ができるようにしましょう。

多汗症対策にはリラックス

多汗症になってしまう原因にはストレス・不安・緊張など、精神的なものが大きく関わっているのではないかとされています。
ですから対策としてはストレスを溜めないようにリラックスすることが大切になってくると思います。

簡単に言ってしまいましたが、このようにストレス・不安・緊張が原因で汗をかくことを精神性発汗と言います。これはストレスを感じると自律神経のバランスが偏ってしまい、交感神経が優位になってしまうことでかくものです。

通常、交感神経と副交感神経はバランスを保っていますが、なにか自律神経に影響があると偏ってしまいます。ですから自律神経を整える必要があるのです。
そのためにはリラックスできる生活環境にしていかなければならないと思います。
しかし、現代社会ではストレスを無くすと言う生活は無理だと思いますので、なるべくストレスが発散できるような事、例えばスポーツやカラオケ、アロマテラピーなどをするように心がけることが大切になってくると思います。

汗をかいてしまうと嫌だなって思ってしまいますよね。自律神経と言うのは自分ではコントロールできないものです。汗をかいてはいけない、汗をかきたくないと思えば思うほどストレスや緊張を感じてしまい余計汗をかいてしまう結果になってしまいます。

対策としては「汗をかいてしまったけど仕方ない」と言うように開き直る事が大切だと思います。難しいとは思いますがね。

精神性発汗は気にしすぎや考えすぎが原因で起こることが多いと思います。性格的なものだからなかなか直すことは難しいとは思いますが、心療内科などに一度診てもらうという方法もあると思います。

食生活の改善で多汗症対策

多汗症の原因にはストレスや緊張、不安など精神的なものが大きく関わっていますが、それだけではなく食事によってでも汗をかいてしまう場合があります。
このことから食生活を改善することである程度解消することが可能になると思います。

どのように改善すると効果があるかと言うことですが、例えば以下のようなことに注意してみてはいかがでしょうか?
・辛いものなど刺激物の摂取を控えるようにする
・肉類など動物性脂肪の過剰摂取を控えるように
・夏に体が暑いからと冷たいものばかり摂取しない
・食事をするときはなるべく楽しみながらとるようにする

というように上記のようなことが挙げられます。
辛いものや刺激物を摂取したときには味覚性発汗と言い汗をかくのは普通の事ですが、それが過剰になると味覚性多汗症と言い多汗症になる可能性があると言うことになります。

また、肉類を摂取すると体温が上がります。これにより汗をかいてしまうのですがさらに皮脂線から皮脂もでますので臭いの原因になると思います。体臭が気になると言う方はこの点にも注意が必要になってくると思います。

また、辛いものを食べると汗をかいてしまう、暑いものを食べると汗をかいてしまうと言うように思い込むのも発汗を促してしまう結果になってしまいます。これはストレスや緊張に繋がりますので精神性発汗と言うことになります。

食事をするときは汗の事を気にせず楽しく食事することが、結果的には汗をかかないようなことに繋がっていくと思います。

制汗剤を使用して多汗症対策をしよう

多汗症の対策として一時的ではありますが制汗剤を使用するのも有効的です。

制汗剤には今現在すごくたくさんの種類のものが発売されています。ご自分の好みや用途によって使い分けるのがいいと思います。

なぜ多汗症に制汗剤が有効的かと言うと、制汗剤を使用すると毛細血管が収縮され汗が抑制されるようになります。また、塩化アルミニウムを利用すると制汗効果が高まるために多汗症にはいいとされています。

さらに多汗症の人の悩みには「臭い」も気になるところだと思います。汗をかくと一緒に体臭に変わってしまう可能性もあり、制汗剤には消臭効果もあるために更に有効的なのではないかと思います。ただし注意しなければならないのは、消臭効果があるタイプの制汗剤を使用するときには、無香タイプのものを選んだ方がいいと言うことです。臭いの上に臭いを重ねてしまうと悪臭になる場合があります。そうならないよう無香タイプを選ぶようにした方がいいと思います。

また、制汗剤の中のデオドラントタイプのものが抗菌、殺菌に効果があり、臭いや汗に効果があります。ただし過剰に使用しすぎると本来肌が持っている殺菌効果にも影響がでてきてしまう可能性があり逆に効果が得られなくなる可能性がありますので注意してみた方がいいと思います。

このように制汗剤を利用して汗や臭いを抑制してくれるので用途によって使い分けてみてはいかがでしょうか?

ただし頼りすぎには注意するようにしてくださいね。

多汗症対策の一環として清潔にする

根本的な多汗症対策にはならないかもしれませんが、多汗症の人は常に肌を清潔に保つ事が大切です。
多汗症の人がかく汗は直接臭いには結びつきにくいのでまだいいのですが、それでも汗を放っておくと細菌と汗が混ざり臭いを発生させてしまう可能性があります。
また、ワキガなど体臭も気になる方は汗をかくことにより、より臭いが強くなる可能性があります。
一番いいのはシャワーを浴びて汗を洗い流すことですが、汗をかくたびにお風呂に入ることは実際問題無理ですし、社会生活を送っている以上無理な話ですよね。
そういった場合は汗をハンカチで拭き取ったり、市販されている体を拭くシートを使ったりして肌を清潔に保つことが重要になってきます。

次に洋服についてですが、夏などグレーのTシャツを着ると脇汗が気になるから着られないなど思ったことはないでしょうか?気を付けなきゃと思えば思うほど汗をかいてしまったりしてしまいますよね。

多汗症の原因として精神性多汗症が大きく関わっているのではないかと言われています。
汗が気になると思えば思うほど汗をかいてしまいます。
だから、汗が目立たない洋服を着て「汗をかいても平気」といい意味で開き直ることも大切です。
例えば今まで1枚で着ていたものをもう1枚重ねて着ることで汗も目立たなくなるし、目立たなくなると精神的にも余裕ができるために精神性発汗が少なくなりいいことだらけです。

精神的にもゆとりを持ち、肌も清潔にすることによりだいぶ多汗症対策には繋がると思いますのでぜひ実行してみてください。

多汗症対策の治療はどこでやるの?

多汗症を対策や治療したくてもどこで治療したらいいのか実際にはわかりませんよね。ここで少しご紹介してみたいと思います。

【病院】
・皮膚科
多汗症の汗は皮膚から出されていますので、皮膚科でも治療が可能です。まず皮膚科を受信されてみてはいかがでしょうか?

・精神科、心療内科
多汗症は精神性発汗の場合が多いです。ストレスや緊張、不安などが原因で汗を引き起こしてしまう場合が多いのです。精神面での治療が必要なら精神科や心療内科などを受診してみてはいかがでしょうか?

・美容外科
汗腺を焼くなど、美容面やワキガなどの治療を美容外科で行っているところもあります。

このように多汗症と一言で言っても症状や原因により受診する科も違ってきます。自分に合っていると思う科を受診してみましょう。また複数の科を受診してみるのも効率的に治療や改善ができていいと思います。

次に治療に関する説明をします。

・心療治療
多汗症の主な原因として挙げられるのは精神性発汗という精神的なものからきているものです。ストレスや不安、緊張などが引き金になる場合が多いです。かといって多汗症の原因はすべて精神的なものかと言ったらそうではありませんが、心療治療によって発汗量が抑制され改善に向かう場合もあります。
具体的な治療方法としては交感神経と副交感神経のバランスを整えるために自律神経訓練法を行います。
また、カウンセリングを行うことにより精神的な面を治療します。これにより改善に向かう場合もあります。

手術で多汗症対策しよう

多汗症対策には色んな方法があると思いますが、手術とレーザーで対策する方法をここでご紹介したいと思います。

多汗症の対策というか治療として手術という方法があります。
どういう手術かと言うと交感神経を遮断する方法で、遮断することで発汗を抑制することができます。
例えば手のひらの汗を抑制するためには胸部交感神経を遮断します。手術はわきの下を少し切開し、そこからスコープを入れ交感神経を遮断するというやり方なのですが、傷口も小さく、手術時間も比較的短いために体に負担があまりかからず手術することが可能です。別の箇所で言うと足の裏の場合は腰椎にある交感神経を遮断します。
心配なのは副作用ですが手術した場所以外の場所の汗の量が一時的に増える可能性があります。

次にレーザーによる治療ですが手術と違ってメスを使わず、レーザーで汗を出している汗腺を直接照射して焼ききるやり方です。治療時間も短く、傷口はないために日帰りが可能です。痛みはレーザーの先端を汗腺に入れる際に伴いますが、リラックス麻酔を使うことができますので無痛で行うことが可能です。

どちらの方法にしても短時間でリスクをあまり伴う可能性が低く対策することが可能です。ただ、手術と名前がつく以上ちょっと受けるのに勇気が必要だとは思いますが。しかし通常の対策だけだとちょっと物足りないとかダメかもしれないと感じる人はぜひ試してみてはいかがでしょうか?
悩みが軽くなる可能性が大きいですよ。

多汗症対策としての治療

多汗症対策における治療法のひとつとしてトリプルサクション法と言う聞きなれない言葉の方法があります。
多汗症対策のために手術をした場合の後、圧迫固定をしなければなりませんがそれをあまりしなくてもいい治療方法になります。
やり方は汗がでる場所の汗腺をレーザーで燃焼させ、さらにシェービングで除去させます。
利点としては傷口が小さいので女性でも気にする必要はないと言うこと、臭いや汗の大元の汗腺を切除してしまえるということ、術後の皮膚の合併症が起こりにくいなどが挙げられると思います。

次に多汗症の対策として挙げられるのは薬用クリームを使用することです。アルミニウム化合物を含んだクリームを使用することで多汗症やワキガの改善に有効的だと言われています。
なぜかと言うとアポクリン汗腺とエクリン汗腺と言う汗の出入口のところをアルミニウム化合物というものを使用することにより塞ぐことが出来るからです。
汗の出口を塞ぐと汗が出にくくなる。汗が少ないと臭いも発生しにくくなると言ったような感じになります。
しかし、赤みやかゆみなどの副作用が出る場合もありますから事前にパッチテストなどをしておいた方がいいかもしれません。

次にボトックスを使用した対策法もあります。ボトックスと言うと美容のイメージが強いですが、ボトックスは交感神経の活発化を抑える効果があるため、汗の量も抑制することが可能ということになるわけです。しかし、効果の持続制はあまり期待できないため定期的な使用が必要となります。

多汗症対策とエチケットに関して

多汗症とは簡単に言うと汗をいっぱいかく人のことを指しますが、季節を問わず汗をかいてしまうために臭いもかなり気になるところだと思います。
汗をかいたらシャワーを浴びるのがいいとは思いますがそれは現実的ではないですよね。しかし清潔さを保つことは大事だと思いますので汗をかいたらこまめにハンカチや市販の汗ふきシートなどで拭き取るようにすることが自分のためにも、他人のためにもエチケットではないかと思います。

このエチケットは多汗症の人に限った話ではありません。
汗をかいたら拭き取り、臭いを押さえるのはどの人にも当てはまるエチケットだと思います。

汗を放置しておくと汗と雑菌と皮脂が混ざりあって悪臭を放つようになります。ですから清潔にすることが大切になるのです。
携帯用の汗ふきシートや、制汗剤、ロールオンタイプのものもあり色んな種類のものが市販されています。
ここで注意するのは無香料のものを選ぶようにした方がいいということです。
香料が入っていると汗の臭いと混ざってしまって逆に悪臭を放つようになってしまう可能性があります。

ここでは多汗症に効果がある対策の話ではなく予防やそれに付随するエチケットに関する説明を記述してみました。

多汗症対策をするためには自分のためはもちろんですが、それだけではなく回りの人に対するエチケットも考えてみることによりマナーや余裕が生まれるようになると思いますのでぜひ参考にしてみてください。

適度に運動をして多汗症対策をしよう

多汗症で悩んでいる人にとって改善や対策があると言うのであればぜひ教えてもらって実行してみたいと思うことだと思います。
多汗症対策には適度な運動が有効的だと言うことを皆さんはご存知でしょうか?

多汗症対策に運動?と思うかもしれませんが、適度な運動は多汗症対策として防ぐことにも改善することにも有効なことと言えます。
運動をすると肥満の予防や改善に繋がります。肥満の方は比較的多汗症の方が多いので肥満を改善することにより多汗症も改善できるということになるわけです。

ここで原因について説明してみたいと思います。多汗症やワキガなどの体臭の原因にもなるのが乳酸という疲労物質です。適度な運動をすることによりこの疲労物質を体内に溜め込むのを防ぐ役割をしていますが、運動不足になるとどんどん溜め込むようになってしまい、結果的に多汗症やワキガの原因となってしまいます。
この疲労物質である乳酸を溜め込まないような運動とはウォーキングや軽いジョギング、スイミングなどがあります。どれも適度というところが大切です。過剰にやりすぎてしまうと逆に体が疲れてしまい疲労物質である乳酸が溜まってしまいますので注意しましょう。

上記のようなことを踏まえると乳酸が溜まると汗くささも強まると言うことになります。

多汗症、体臭、どちらにしても適度に運動をすることで予防や改善ができるのであればぜひ実行してみてはいかがでしょうか?

多汗症の原因

多汗症の原因の一つに「ストレス」があります。この「ストレス」というのは結構やっかいなもので、ストレスは多汗症だけの原因ではなく、色々な病気や症状の原因にも影響していると言われています。

多汗症は緊張を感じたとき、不安を感じたとき、ストレスを感じたときなど普通の人より汗が多く出てしまうことの症状を言います。だいたい汗をかく場所は手のひらだったり、足の裏だったり、脇の下だったり、顔や頭部だったりします。この場合はワキガの場合も多いと思います。

汗をかく量が多くなるケースとしてはお酒を飲んだときにもかく可能性があります。
このように食生活も多汗症に関係していると言われています。多汗症になってしまう人の食生活の傾向として肉類や脂が多いものを好んで摂取している場合が多いといわれています。

何故、こういった食生活が多汗症に関係してくるかというと、体の体液が酸性になることにより汗の臭いや、体臭の臭いが強くなることがあります。体の体液が酸性になるのには肉類や脂っこい食べ物、糖分が原因とされています。

また、香辛料を摂取することにより汗腺を刺激するために多汗症の元になる場合があります。

更に毛深い人も多汗症になりやすい傾向があります。どちらにしても汗腺が刺激されることが多汗症の原因になっていると思います。

こういうように、ストレスや食生活によって多汗症の原因になってしまう事があります。多汗症を対策するためにはこういった原因になるような事を解消していくのが早道だと思います。

多汗症の悩み

自分が多汗症だと感じている人はちょっとしたことで汗が出てきてしまったり、汗をかいてほしくないのにかいてしまったりと汗に関してかなりの悩みを抱えていると思います。

汗が出るのではないかと緊張したり、ストレスを感じたりしてしまうと余計汗をかいてしまう原因になってしまったりもします。
通常はこんなことで汗をかかないだろうと思うようなちょっとしたことで多汗症の人は汗をかいてしまったりするのです。本当に困ったことですよね。
なにか多汗症の対策をしたいと思っても何からどうしたらいいかもまた悩みの種になると思います。
多汗症の人は他人にはわからないくらい深刻な悩みを抱えている場合が多いです。

多汗症の人の悩みに挙げられるのが汗だけではなく、臭いも悩みになってくると思います。特に脇の下に汗をかいてしまうとシャツなど着ているものが黄色く変色して臭いの原因になったりしてしまったりします。

多汗症と言う言葉の認知度は低いために病気として扱う人は少ないかもしれませんが、保険が適用されるなどちゃんとした病気になるのです。
しかし汗をかく量が多いという症状なので他の人からは分かりにくいし、命に関わるような深刻な病気ではありませんので心配する必要はありませんが、本人にとってはかなり悩みの種になることが多く、精神的に辛くなる場合が多いです。

多汗症の原因は定かにはなっていないのが現状ですが、誰でもなる可能性がある病気として認識しておいておいたほうがいい病気です。

多汗症対策の方法

多汗症と一言で言っても生理的多汗と言う治療を必要としない多汗と、病気の症状としと現れる特殊な多汗の2種類の種類があります。

多汗症と言っても多汗症の人ばかりが汗をかくわけではなく、夏のように暑くなったりスポーツをしたりすると汗もかくし、かく量も増えるということになります。

汗をかく場所ですが顔や頭部、掌、足の裏、脇の下など身体の中心となるところか関節部分に特に多く汗をかく傾向にあります。
また、そこだけではなくある一定の温度になると身体全体の毛穴が開いてしまい汗をだすようになるので色んなところから汗が出るようになります。

汗をかくと気になるのは臭いだと思います。本来、汗自体は臭いを発していませんが汗を放置することにより雑菌や皮脂と混ざってしまい悪臭を放つようになります。だから対策としては汗をかいたらこまめに拭き取るようにすることが大切になるのです。

また体毛は雑菌を繁殖させやすいです。ですから特に女性の場合はワキ毛や手足の毛など処理できるところは処理した方が臭いを発生させる原因を抑えることができます。

汗対策ですが汗をかいたらハンカチなどで拭き取るのも有効ですができれば冷たいハンカチやタオルなどを使用した方がより汗を抑制させてくれる効果があります。

また制汗剤などを使用することで雑菌効果や消臭効果が期待できますが、食の安全性を考えた上で酢を薄めたものを使用してもいいと思います。同様の効果が期待できると思います。

多汗症の種類(顔)

多汗症には、体、脇、手のひら、足などさまざまなところで汗をかくことを指しますが、その中でも顔に汗をかく多汗症というのもあります。
顔に汗をかいてしまうと、特に女性の場合は化粧が落ちてしまったり、他の人に見られると恥ずかしかったりしますよね。それを他人に指摘されると余計緊張してしまって汗をかいてしまう結果になりかねません。
特に夏の暑い日は余計だと思います。汗をかくのが嫌で外に出ないなんて人もいるかもしれません。

そういう夏の暑いとき、緊張してしまったとき、スポーツをするなど体を動かしたときなど顔に汗をかいてしまって困ったときに一時的ではありますが、顔や頭部の汗を抑える方法があります。
その方法とは半側発汗という方法です。これはどういう方法かと言うと、皮膚圧反射という方法を使います。特徴としては体の一部を圧迫することにより圧迫されている側の汗の量が減って、逆側の汗の量が増えるということなのです。例えば胸の乳首の周り(乳輪あたり)を紐などで強く圧迫します。そうすると上半身が圧迫されますので顔などから汗が減り、逆に下半身の汗の量が増えるということになります。
この方法は汗の量を別な場所に移動するという方法ですので根本的な多汗症対策にはならないと思いますが、とりあえず顔の汗を減らすということはできると思いますので、一時的でも顔に汗をかくのが困るという方は是非試してみてはいかがでしょうか?

覚えておくと便利な知識だと思いますので対策として取り入れてみてください。

食事で多汗症の対策をしてみよう

多汗症の人は汗をかくということに対して反応しますよね。食事を食べるときでも気にする人は多いと思います。特に刺激の強い食事、香辛料が強い食事、辛い食事、熱い食事などは汗をかきやすく一度汗をかくと多汗症を引き起こしてしまう原因にもなってしまいます。

まず多汗症対策として簡単にできることは、上記にあげたような刺激の強いもの、辛いものをなるべく摂取しすぎないことだと思います。

と、ちょっと考えただけでも食べ物や食事が多汗症の対策としてとても重要だということが分かると思います。また、多汗症対策として有効な食べ物は豆類だと言われています。
女性ホルモンに発汗を抑制する作用、汗をかいてもサラサラにしてくれる作用があるということはご存知でしょうか?これにより女性ホルモンがあると多汗症対策に効果的だということも分かります。これを食事から摂取しようとした場合、主に大豆や納豆や豆腐などの豆類に含まれているイソフラボンという成分が女性ホルモンに似ている成分が含まれているとされていますので豆類を摂取するようにすれば多汗症対策になると思います。

豆類というのは、多汗症対策だけでなく健康にも効果が期待できる食品として知られていますし、納豆や豆腐などさまざまな種類で摂取することが可能です。多汗症対策に限らず、健康的に過ごすようにするためにも豆類をよくとるようにしましょう。また、多汗症対策には刺激が強い食品も避けるようにするとより効果的に対策ができるようになると思います。

多汗症対策(手術)

多汗症を治したいと考えたとき、多汗症の対策というのはいろんな方法があります。しかし、どの方法にもメリット、デメリットがありますので、自分の症状・目的に合わせ適正な治療や対策ができることが大切です。

多汗症対策には治療をすると言う概念が存在します。治療には手術が必要なもの、手術をしなくてもいいものに分類されます。
多汗症対策で治療と言うと手術しなければダメなのかと思いがちですが、そんなことはありません。手術をしてしまうと元には戻らないですよね。また傷は小さいとは言え傷つけることには変わりありませんよね。ですから手術は最後の手段として考えるのがいいと思います。そのためには病院をひとつ受診して手術と言われたからと諦めず、セカンドオピニオン的に何ヵ所か回って見ると以外と別の治療法を提案してくるかもしれませんよ。多汗症は命に関わる病気ではないので焦らずじっくり対策を考えましょう。

では、多汗症の手術にはどういうものがあるのでしょうか?
ボトックス注射と言う治療法があります。これはボツリヌス菌を体内に入れることで交換神経を抑制し、汗腺の働きを一時的ではありますがブロックするというものです。

また、精神性発汗の場合は、ストレスや不安、緊張などが原因となっている場合が大きいため、精神療法が効果的ではないかとされています。精神療法をすることにより汗を抑制することが可能となる治療方法です。この場合は手術が必要ありません。

多汗症と汗っかき

自分が多汗症と感じている方はどういう対策をしたらいいのか分からないし、本当に悩むところだと思います。

でもちょっと待ってください、あなたが多汗症と感じているだけで本当は違うかもしれません。ただの汗っかきかもしれません。
ここでは多汗症と汗っかきの違いを説明してみたいと思います。

一言で言うのは難しいですが、違いを挙げるとしたら、体温調節が元にあり、この体温調節を必要としない状況でも汗をかく場合は多汗症、暑さや体を動かしたなど体温調節のために汗をかく場合を汗っかきと判断できるのではないかと思います。
体温調節を具体的に言うと、気温の暑さやスポーツ、食事などで体温が上がります。この上がった体温を下げようとして調節するために汗をかきます。こういった状況の場合は汗っかきと言います。

汗をかきやすい人の中には肥満の人が挙げられます。肥満の人は脂肪が多いために体熱が外に放出されにくい傾向にあります。
ですから体温調節をするときには汗をかいてすると言うことになります。

次に汗をかきやすい人と言うと運動を日常的にしている人が挙げられます。運動をしている人は汗腺も鍛えている事になりますので体温が上がると汗をかくというようになります。ですから少し体温が上がっただけで汗をかいてしまうようになるのです。

このように汗っかきと多汗症には違いがありますので自分が該当するかどうか判断して対策を講じるかどうか決めるようにしてもいいと思います。

多汗症とワキガには関係がある?

よく多汗症の人は汗をいっぱいかくからワキガにもなっているんじゃないかと感じる人も多いかと思いますが、多汗症もワキガもどちらも汗に関する病気や症状なのでイコールに思われがちになりますが、多汗症だからと言ってワキガではないですし、ワキガだからと言って多汗症ではないのでその点は理解しておいてください。

多汗症とワキガは原因となる汗を分泌している汗腺が違うのが大きな違いになっています。
多汗症はエクリン腺から分泌される汗で過剰に分泌されることを指していて、ワキガはアポクリン腺から分泌されている汗が原因となっています。

ですから多汗症対策をするときにワキガに効果的な対策を施しても無意味な場合があります。

ただ無関係とは言っても、多汗症の人にワキガの人が多いのは事実です。ワキガ+多汗症の場合は多汗症によって分泌される汗と雑菌がまざりあいより臭いが強くなる場合があります。
ですから対策法としては、まず清潔さを保つこと、汗をかいたらこまめに濡れたタオルや市販の汗拭きシートなどを使い、汗を拭き取るようにして臭いを出さないような工夫をしたり、多汗症の主な原因が精神的なものからくるのであれば、リラックスを心がけたり心療内科に通うなどして対策をするなど、多汗症とワキガの両方の対策を実行するのがより効果的な対策になるのではないかと思います。

また、食生活の改善も効果がありますので実行できるところからぜひ実行してみてはいかがでしょうか。

多汗症対策をする前に!

多汗症対策をする前に多汗症について詳しく知っておいた方がいいと思います。

多汗症というのは病気なのでしょうか?多汗症とはただ汗の量が人より多いだけで痛みや痒みが無く、ましてや命の危険性もないので病気とは認識されにくいですが、多汗症は厚生労働省からも認定されているし、保険も適用されますので病気であると言うことになります。
また、汗と言うのは誰でもかく生理現象のひとつですので、自分では正常な汗なのか多汗症なのか判断がつきにくいばかりか、医者自体にも多汗症と言う病気の認識をしてない人がいるために、単なる気にしすぎと言われてしまう可能性があります。

しかし、多汗症は精神的なことが原因で起こる場合もあるので放っておくと悪化する可能性もあるので医者に行って診察をしてもらうこともとても大切なことなのです。

多汗症とはストレスや不安・緊張などと言った精神性発汗が大きく関わっているようですのでだいたい物心つくあたりから思春期にかけて発症する場合が多いです。
しかし、原因はこれだけではなく、他の病気からきている場合もあるので早めに受診することをおすすめします。

また、男女で多汗症になる人の差があるかどうかですが、今のところはわかってはいないようです。

多汗症とは、思春期や環境の変化など精神的に負荷がかかるような時期に発症する場合が多いようです。

また、人前で何かしゃべるなど緊張とストレスが重なると手足や顔などに過度に汗をかいてしまったりもします。

多汗症対策にかかる費用

多汗症でお悩みの方が対策をするときに手術や治療をする場合、費用と言うのがどのくらいかかるか気になるところだと思います。

多汗症と言うのは厚生労働省から認定を受けている病気ですので保険が適用されます。しかし、多汗症と言う診断を下すのは医師ですので場合によっては保険適用外になる可能性もあります。

また、多汗症手術を行う際、美容外科で手術する方が多いと思いますが、美容外科で手術する場合は保険適用外となりますのでご注意ください。ただし美容外科でも保険がきくところもありますので各病院に聞いてみてください。

保険を使う場合ですが、場合によっては家族や会社に知られる可能性もありますので注意が必要です。他人に知られる可能性があるか、知られたくない場合は自由診療を行っているところもありますのであらかじめ各病院に確認しておいた方がいいと思います。

病院に行くと行っても多汗症の場合、何科に行くのがいいのでしょうか?自分がどういう症状で何科に行けばいいのか判断つかない場合、まずは皮膚科を受診してみてはいかがでしょうか?ただし、病院によっては多汗症の認識を持っていなく、病気と診断されない場合もありますので、自分に合う医師を気長に見つける感じで受診しましょう。
また、皮膚科以外では病気が原因の場合は内科、ストレスや緊張など精神的なものが原因の場合は心療内科、精神科なども受診できますので場合によって判断して受診してみてはいかがでしょうか?
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。