スポンサード リンク

多汗症とは

多汗症とはエクリン腺と言う人間の汗腺の中にある腺から通常以上の汗をだしてしまう症状、病気、体質のことを指しています。

多汗症には全身から汗をかいてしまう全身性多汗症と、顔、頭部、手のひら、脇のように局所的に汗をかいてしまう局所性多汗症があります。

しかし、多汗症と一言で言ってみても、人間は誰しも汗をかきますので、今自分が出している汗が正常な汗なのか多汗症の汗なのか見極めることは普通、困難ではないかと思います。

どういう状態の人が多汗症かと言うとそれも個人差があるのでなんとも言えないのですが、手のひらを例にあげてみても、ちょっと汗ばむ程度からしたたり落ちるくらいに汗をかくまでさまざまだと思います。
症状と言うよりは原因に多汗症かどうかの鍵があるのではないかと思います。

また、主に多汗症の人が汗をかく場所は顔全体、頭部、手のひら、足の裏、脇などが挙げられます。
多汗症の原因にはストレスや不安、緊張などの精神的なもの、食生活、遺伝、肥満、病気、ホルモンバランスの偏りなどが挙げられます。

症状としては暑くもないのに汗をかいてしまう、目上の人と握手をするときに汗をかいてしまう、本を読んでいると触っているページが濡れてしまう。などが挙げられます。

多汗症と言うのはあまり知られていなく、他人からしてみればただの汗っかきにしか見えず、本人はかなり悩んでいるというケースが多いと思います。

多汗症をよく理解し、適正な対策ができるようにしましょう。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102023501

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。