スポンサード リンク

多汗症対策にはリラックス

多汗症になってしまう原因にはストレス・不安・緊張など、精神的なものが大きく関わっているのではないかとされています。
ですから対策としてはストレスを溜めないようにリラックスすることが大切になってくると思います。

簡単に言ってしまいましたが、このようにストレス・不安・緊張が原因で汗をかくことを精神性発汗と言います。これはストレスを感じると自律神経のバランスが偏ってしまい、交感神経が優位になってしまうことでかくものです。

通常、交感神経と副交感神経はバランスを保っていますが、なにか自律神経に影響があると偏ってしまいます。ですから自律神経を整える必要があるのです。
そのためにはリラックスできる生活環境にしていかなければならないと思います。
しかし、現代社会ではストレスを無くすと言う生活は無理だと思いますので、なるべくストレスが発散できるような事、例えばスポーツやカラオケ、アロマテラピーなどをするように心がけることが大切になってくると思います。

汗をかいてしまうと嫌だなって思ってしまいますよね。自律神経と言うのは自分ではコントロールできないものです。汗をかいてはいけない、汗をかきたくないと思えば思うほどストレスや緊張を感じてしまい余計汗をかいてしまう結果になってしまいます。

対策としては「汗をかいてしまったけど仕方ない」と言うように開き直る事が大切だと思います。難しいとは思いますがね。

精神性発汗は気にしすぎや考えすぎが原因で起こることが多いと思います。性格的なものだからなかなか直すことは難しいとは思いますが、心療内科などに一度診てもらうという方法もあると思います。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/102023500

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。