スポンサード リンク

食生活の改善で多汗症対策

多汗症の原因にはストレスや緊張、不安など精神的なものが大きく関わっていますが、それだけではなく食事によってでも汗をかいてしまう場合があります。
このことから食生活を改善することである程度解消することが可能になると思います。

どのように改善すると効果があるかと言うことですが、例えば以下のようなことに注意してみてはいかがでしょうか?
・辛いものなど刺激物の摂取を控えるようにする
・肉類など動物性脂肪の過剰摂取を控えるように
・夏に体が暑いからと冷たいものばかり摂取しない
・食事をするときはなるべく楽しみながらとるようにする

というように上記のようなことが挙げられます。
辛いものや刺激物を摂取したときには味覚性発汗と言い汗をかくのは普通の事ですが、それが過剰になると味覚性多汗症と言い多汗症になる可能性があると言うことになります。

また、肉類を摂取すると体温が上がります。これにより汗をかいてしまうのですがさらに皮脂線から皮脂もでますので臭いの原因になると思います。体臭が気になると言う方はこの点にも注意が必要になってくると思います。

また、辛いものを食べると汗をかいてしまう、暑いものを食べると汗をかいてしまうと言うように思い込むのも発汗を促してしまう結果になってしまいます。これはストレスや緊張に繋がりますので精神性発汗と言うことになります。

食事をするときは汗の事を気にせず楽しく食事することが、結果的には汗をかかないようなことに繋がっていくと思います。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。