スポンサード リンク

多汗症対策(手術)

多汗症を治したいと考えたとき、多汗症の対策というのはいろんな方法があります。しかし、どの方法にもメリット、デメリットがありますので、自分の症状・目的に合わせ適正な治療や対策ができることが大切です。

多汗症対策には治療をすると言う概念が存在します。治療には手術が必要なもの、手術をしなくてもいいものに分類されます。
多汗症対策で治療と言うと手術しなければダメなのかと思いがちですが、そんなことはありません。手術をしてしまうと元には戻らないですよね。また傷は小さいとは言え傷つけることには変わりありませんよね。ですから手術は最後の手段として考えるのがいいと思います。そのためには病院をひとつ受診して手術と言われたからと諦めず、セカンドオピニオン的に何ヵ所か回って見ると以外と別の治療法を提案してくるかもしれませんよ。多汗症は命に関わる病気ではないので焦らずじっくり対策を考えましょう。

では、多汗症の手術にはどういうものがあるのでしょうか?
ボトックス注射と言う治療法があります。これはボツリヌス菌を体内に入れることで交換神経を抑制し、汗腺の働きを一時的ではありますがブロックするというものです。

また、精神性発汗の場合は、ストレスや不安、緊張などが原因となっている場合が大きいため、精神療法が効果的ではないかとされています。精神療法をすることにより汗を抑制することが可能となる治療方法です。この場合は手術が必要ありません。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。