スポンサード リンク

多汗症対策の治療方法について

多汗症対策には病院での治療が必要な場合があります。
多汗症の原因にはさまざまなことが考えられますが、ストレスや不安・緊張などからくる精神的なことが原因の場合が多いようです。その場合、心身治療が有効の場合があります。この方法は全ての症状について有効であるとは限りませんが、症状が軽減されることもあるようです。

また、汗をかくことに対しての恐怖感や緊張感などを感じてしまって余計に汗をかいてしまう人もいるでしょうがそういった人こそ心身治療が効果的なのではないかと思います。

心身治療の方法ですが、主にカウンセリングを行っていき、汗に対する恐怖感や緊張感を徐々に取り除いていき、交換神経や副交感神経と言うような自律神経のバランスを整えると言うやり方を行うようです。

また、汗に対する恐怖感や不安感を抑えるために精神安定剤が処方されるなど薬物による治療方法と言うものもあります。
この方法では直接汗を止める効果はありませんが、緊張を和らげることができます。緊張を和らげてリラックスさせることで汗を抑制することができるかもしれません。

しかし、直接汗を抑制する効果がある薬があります。それを使うことにより汗をかくときに交感神経から出ている物質を止めることができます。
この薬を使うと、手のひらや足の裏のような部分的な汗だけでなく、全身に作用するようになります。ですから副作用が出てくる可能性がありますので医師の診断を受けてから服用することをお勧めします。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。