スポンサード リンク

入浴の仕方で多汗症対策は変わる!

多汗症で悩んでいる人の中には体臭やワキガなど臭いにも悩んでいる人が多いと思います。
多汗症の人に限らず汗をかいたらハンカチやタオル、汗拭きシートなどで拭き取るようにし、清潔に保ち、臭いを出さないようにすることが大切です。
制汗剤も汗を抑制することはできても完全には止めることはできません。しかし多汗症対策としては有効的ですのでぜひ利用してみてはいかがでしょうか。

汗の臭いが臭い人は運動をあまりしなく、エアコンなど体温調節が必要ない環境に慣れていて、入浴もシャワーのみという人に多く見られるようです。

多汗症対策として有効な入浴の仕方は湯船につかって汗をかくという方法だそうです。
高温手足浴(足は膝下、手はひじ下をお湯につける)、半身浴、全身浴をして汗をかくようにするとサラサラとした汗をかきます。こういった汗は臭いがありませんので良い汗と言うことになり、多汗症対策に繋がっていきます。
こういった入浴法を繰り返すことにより体の抵抗力もつくし、汗腺機能も改善されていきます。また、リラックスすることにより交換神経と副交換神経のバランスが整えられ自律神経の働きを改善することができます。これで多汗症対策に繋がることになります。

ただし、体質的な事が多汗症の原因だとすると効果は低いかもしれませんので別の対策が必要になると思います。

よい汗をかく事が多汗症対策に繋がるということなので、よい入浴方法をぜひ実行してみてはいかがでしょうか。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。