スポンサード リンク

多汗症とは

多汗症とはエクリン腺と言う人間の汗腺の中にある腺から通常以上の汗をだしてしまう症状、病気、体質のことを指しています。

多汗症には全身から汗をかいてしまう全身性多汗症と、顔、頭部、手のひら、脇のように局所的に汗をかいてしまう局所性多汗症があります。

しかし、多汗症と一言で言ってみても、人間は誰しも汗をかきますので、今自分が出している汗が正常な汗なのか多汗症の汗なのか見極めることは普通、困難ではないかと思います。

どういう状態の人が多汗症かと言うとそれも個人差があるのでなんとも言えないのですが、手のひらを例にあげてみても、ちょっと汗ばむ程度からしたたり落ちるくらいに汗をかくまでさまざまだと思います。
症状と言うよりは原因に多汗症かどうかの鍵があるのではないかと思います。

また、主に多汗症の人が汗をかく場所は顔全体、頭部、手のひら、足の裏、脇などが挙げられます。
多汗症の原因にはストレスや不安、緊張などの精神的なもの、食生活、遺伝、肥満、病気、ホルモンバランスの偏りなどが挙げられます。

症状としては暑くもないのに汗をかいてしまう、目上の人と握手をするときに汗をかいてしまう、本を読んでいると触っているページが濡れてしまう。などが挙げられます。

多汗症と言うのはあまり知られていなく、他人からしてみればただの汗っかきにしか見えず、本人はかなり悩んでいるというケースが多いと思います。

多汗症をよく理解し、適正な対策ができるようにしましょう。

多汗症対策にはリラックス

多汗症になってしまう原因にはストレス・不安・緊張など、精神的なものが大きく関わっているのではないかとされています。
ですから対策としてはストレスを溜めないようにリラックスすることが大切になってくると思います。

簡単に言ってしまいましたが、このようにストレス・不安・緊張が原因で汗をかくことを精神性発汗と言います。これはストレスを感じると自律神経のバランスが偏ってしまい、交感神経が優位になってしまうことでかくものです。

通常、交感神経と副交感神経はバランスを保っていますが、なにか自律神経に影響があると偏ってしまいます。ですから自律神経を整える必要があるのです。
そのためにはリラックスできる生活環境にしていかなければならないと思います。
しかし、現代社会ではストレスを無くすと言う生活は無理だと思いますので、なるべくストレスが発散できるような事、例えばスポーツやカラオケ、アロマテラピーなどをするように心がけることが大切になってくると思います。

汗をかいてしまうと嫌だなって思ってしまいますよね。自律神経と言うのは自分ではコントロールできないものです。汗をかいてはいけない、汗をかきたくないと思えば思うほどストレスや緊張を感じてしまい余計汗をかいてしまう結果になってしまいます。

対策としては「汗をかいてしまったけど仕方ない」と言うように開き直る事が大切だと思います。難しいとは思いますがね。

精神性発汗は気にしすぎや考えすぎが原因で起こることが多いと思います。性格的なものだからなかなか直すことは難しいとは思いますが、心療内科などに一度診てもらうという方法もあると思います。

食生活の改善で多汗症対策

多汗症の原因にはストレスや緊張、不安など精神的なものが大きく関わっていますが、それだけではなく食事によってでも汗をかいてしまう場合があります。
このことから食生活を改善することである程度解消することが可能になると思います。

どのように改善すると効果があるかと言うことですが、例えば以下のようなことに注意してみてはいかがでしょうか?
・辛いものなど刺激物の摂取を控えるようにする
・肉類など動物性脂肪の過剰摂取を控えるように
・夏に体が暑いからと冷たいものばかり摂取しない
・食事をするときはなるべく楽しみながらとるようにする

というように上記のようなことが挙げられます。
辛いものや刺激物を摂取したときには味覚性発汗と言い汗をかくのは普通の事ですが、それが過剰になると味覚性多汗症と言い多汗症になる可能性があると言うことになります。

また、肉類を摂取すると体温が上がります。これにより汗をかいてしまうのですがさらに皮脂線から皮脂もでますので臭いの原因になると思います。体臭が気になると言う方はこの点にも注意が必要になってくると思います。

また、辛いものを食べると汗をかいてしまう、暑いものを食べると汗をかいてしまうと言うように思い込むのも発汗を促してしまう結果になってしまいます。これはストレスや緊張に繋がりますので精神性発汗と言うことになります。

食事をするときは汗の事を気にせず楽しく食事することが、結果的には汗をかかないようなことに繋がっていくと思います。

制汗剤を使用して多汗症対策をしよう

多汗症の対策として一時的ではありますが制汗剤を使用するのも有効的です。

制汗剤には今現在すごくたくさんの種類のものが発売されています。ご自分の好みや用途によって使い分けるのがいいと思います。

なぜ多汗症に制汗剤が有効的かと言うと、制汗剤を使用すると毛細血管が収縮され汗が抑制されるようになります。また、塩化アルミニウムを利用すると制汗効果が高まるために多汗症にはいいとされています。

さらに多汗症の人の悩みには「臭い」も気になるところだと思います。汗をかくと一緒に体臭に変わってしまう可能性もあり、制汗剤には消臭効果もあるために更に有効的なのではないかと思います。ただし注意しなければならないのは、消臭効果があるタイプの制汗剤を使用するときには、無香タイプのものを選んだ方がいいと言うことです。臭いの上に臭いを重ねてしまうと悪臭になる場合があります。そうならないよう無香タイプを選ぶようにした方がいいと思います。

また、制汗剤の中のデオドラントタイプのものが抗菌、殺菌に効果があり、臭いや汗に効果があります。ただし過剰に使用しすぎると本来肌が持っている殺菌効果にも影響がでてきてしまう可能性があり逆に効果が得られなくなる可能性がありますので注意してみた方がいいと思います。

このように制汗剤を利用して汗や臭いを抑制してくれるので用途によって使い分けてみてはいかがでしょうか?

ただし頼りすぎには注意するようにしてくださいね。

多汗症対策の一環として清潔にする

根本的な多汗症対策にはならないかもしれませんが、多汗症の人は常に肌を清潔に保つ事が大切です。
多汗症の人がかく汗は直接臭いには結びつきにくいのでまだいいのですが、それでも汗を放っておくと細菌と汗が混ざり臭いを発生させてしまう可能性があります。
また、ワキガなど体臭も気になる方は汗をかくことにより、より臭いが強くなる可能性があります。
一番いいのはシャワーを浴びて汗を洗い流すことですが、汗をかくたびにお風呂に入ることは実際問題無理ですし、社会生活を送っている以上無理な話ですよね。
そういった場合は汗をハンカチで拭き取ったり、市販されている体を拭くシートを使ったりして肌を清潔に保つことが重要になってきます。

次に洋服についてですが、夏などグレーのTシャツを着ると脇汗が気になるから着られないなど思ったことはないでしょうか?気を付けなきゃと思えば思うほど汗をかいてしまったりしてしまいますよね。

多汗症の原因として精神性多汗症が大きく関わっているのではないかと言われています。
汗が気になると思えば思うほど汗をかいてしまいます。
だから、汗が目立たない洋服を着て「汗をかいても平気」といい意味で開き直ることも大切です。
例えば今まで1枚で着ていたものをもう1枚重ねて着ることで汗も目立たなくなるし、目立たなくなると精神的にも余裕ができるために精神性発汗が少なくなりいいことだらけです。

精神的にもゆとりを持ち、肌も清潔にすることによりだいぶ多汗症対策には繋がると思いますのでぜひ実行してみてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。